• ホーム
  • 辛い片頭痛はセレコックスで緩和させる

辛い片頭痛はセレコックスで緩和させる

怪我をした時身体には炎症が起こるので痛みなどが発生します。
例えば変形性関節症や手術後など炎症が関係する痛みは多岐にわたっています。
痛みによっては日々の生活が制限されている人もいて、鎮痛剤などを携帯している人は多くいるでしょう。

セレコックスはこれらの炎症による不快な症状を取り除くことができる薬で、セレコキシブが含まれています。
セレコキシブはNSAIDsと呼ばれている種類の薬になり、COX-2選択的阻害薬にあたります。
炎症反応による痛みの発生には「痛み物質」が関わっていて、その物質があるため痛いと感じるようになります。
特に炎症が起こっている場合さまざまな物質が発生し、中でも炎症時において放出されるものとしてプロスタグランジン(PG)が存在します。
プロスタグランジンは痛みを増大する作用があり、この物質が増えると痛みが増すようになるのです。

このプロスタグランジンが痛みの元になるので、プロスタグランジンが作られるプロセスにおいて阻害すると炎症による痛みを抑制することができます。
プロスタグランジンの生成に関係する酵素にはシクロオキシゲナーゼ(COX)があり、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害すると原料からプロスタグランジンが作られなくなるという仕組みです。
痛みに関係するプロスタグランジンが減少するので、結果的に鎮痛作用を得ることになります。
片頭痛を緩和することができるので幅広い世代の人が利用している薬です。

尚、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な副作用もあり、場合によっては心血管系血栓塞栓性事象の危険を増大させるケースもあるので、これらの危険性は使用期間とともに増大する傾向があります。
使用上の注意を守っているとセレコックスは比較的安全・安心して利用することができ、特に胃腸障害や腎機能障害が少ないことから人気です。
インターネットなどを利用すると薬剤サイトからリーズナブルな価格で購入することができるでしょう。

セレコックスの副作用は胃腸障害が少ない

セレコックスと同じような作用がある薬にはロキソニンという有名な薬がありますが、ロキソニンは痛みを抑えたり炎症反応を抑制する作用がある反面、胃の痛みなどの胃腸障害の副作用が起きやすいという問題点がありました。
それは痛みを抑える物質には胃腸を守る働きも備わっているため、この効果を得るためには、胃腸を守る物質も阻害してしまうためです。

そういった副作用を抑えるために開発をされたのがセレコックスです。
ロキソニンとの大きな違いは痛みを抑えるために痛みを感じさせる物質を出さないように作用することですが、選択的にCOX-2にだけ働きかけるため痛みを緩和しつつ、胃腸障害が起こりにくい成分になっています。

片頭痛をもっている人は繰り返し痛みを感じることが多く、鎮痛剤を何度も服用することが多いでしょう。
そのような時には鎮痛剤の使用期間が長くなることが予測されるため胃腸障害などの副作用が出やすくなります。
セレコックスならば胃腸障害が起こりにくいという特徴があるので、他の鎮痛剤に比べて安心して服用を続けることができるでしょう。

しかし、セレコックスの使用期間が長くなると胃腸障害は起きなかったとしても、他の心筋梗塞や脳卒中などの副作用が起こる可能性は残っています。
セレコックスは胃腸障害の副作用が起こりにくいというだけで、全く副作用が起きないというわけではありません。
服用する時には、副作用が起こるかもしれないという気持ちを忘れないようにして、常に体調に気をつけて過ごすようにしましょう。
そして、セレコックスを使用している最中に副作用かもしれないと思われる症状があらわれた時には病院を受診するようにしましょう。