• ホーム
  • 生活習慣がだらしないと糖尿病になることもある

生活習慣がだらしないと糖尿病になることもある

糖尿病は1型と2型に分類されますが、日本では患者の約95%が2型糖尿病と言われています。
これは肥満による中性脂肪の増加や脂質の摂り過ぎ、塩分の摂り過ぎ、過度な飲酒などが原因とされています。
生活習慣病の一つに分類されているため、普段の生活習慣を見直すことで糖尿病のリスクを避けることができるでしょう。

糖尿病治療の基本は食事療法であり、食生活の欧米化によってこの病気にかかる人が増えてきていると言われています。
日本人は欧米人と比べてインスリンの分泌量が少ないと言われており、欧米人と同じような糖質の多い食事を摂っているとインスリンによる処理が追い付かなくなってしまいます。
2型糖尿病はインスリンの分泌が不足することで発生する病気ですが、乱れた食生活が長く続くことでさらにインスリンの分泌量が減少してしまうのです。

食事療法のポイントは必要以上のカロリーを摂取しないということです。
カロリーの過剰摂取は糖尿病の原因になるだけでなく肥満などの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。
毎日適切な量のカロリーを摂取することにより、すい臓への負担を軽減することができますし、インスリンの分泌量を増やすことに繋がります。

特に糖尿病に良い食事というのはありませんし、どんな食品でも摂り過ぎたら害になってしまいます。
大切なのは栄養バランスに気を付けるということであり、決められたカロリーの範囲内でタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどをきちんと摂取していきましょう。
嗜好品は少量でも体に良くありませんし、生活習慣病を予防するためにはできるだけ摂取しないことが大切です。

コーヒーや紅茶にはなるべく砂糖を入れない方が良いですし、甘味が欲しい場合は人工甘味料で代用するのがおすすめです。
外食の際には和食を中心にするのが良く、洋食はカロリーが高いので注意が必要です。
野菜や海草、玄米などには食物繊維が多いため、糖尿病の予防には欠かせません。

また、食生活を見直すだけでなく適度な運動を行うこともポイントです。
運動は苦手だという人もいるかもしれませんが、ハードな運動ではなく軽い運動でも毎日続ければきちんと効果が期待できます。
糖尿病を予防して健康的な体をキープしたいという場合、ウォーキング程度の運動を毎日行うようにしましょう。

玄米を食べると糖尿病のリスクが減る

糖尿病の発症リスクを上げるもののひとつには急激な血糖値の上昇があります。
これは糖分を多く含むものを食べたり、血糖値が上がりやすいものを大量に摂取した時に起こります。
血糖値が急激に上昇をするということを繰り返しているうちに、体の中でインスリンに対する抵抗がついてしまい、インスリンの効きが悪くなることで糖尿病を発症しやすくなるというものです。

糖尿病は生活習慣との関連が深く、食事内容だけでなく運動をする習慣があるかないかということも発症に大きく関わってきます。
生活習慣は自分の意志さえあれば変えることができるものなので、生活習慣を意識するようにして過ごしていくことが糖尿病のリスクを減らすうえでは重要です。

糖尿病のリスクを減らすためには食事内容を適切に整えていくことが大切で、脂質や塩分の摂り過ぎは控えたほうがよいものですし、飲酒も適量にしておくことが望ましいでしょう。
糖尿病では糖質の摂りすぎもよくないとされていますが、主食として食べている白米を玄米に変えることで糖尿病のリスクを減らせることがわかっています。

玄米にはたくさんの食物繊維やビタミンが含まれており、食べた時に血糖値が上がりにくいという特徴があります。
そのためインスリンの分泌が少なくて済み、体への負担が少なくなります。
そして食物繊維が豊富なことで中性脂肪を下げる働きもあるので、そういった意味でも糖尿病予防に効果があると言えるでしょう。

糖尿病は予防することができる病気なので、玄米を食べるなど生活の中で出来る工夫をしていき、血糖値が急激に上がることをできるだけ減らしていきましょう。
また他の方法も同時に行うことで、さらに糖尿病のリスクを低くすることができるようになります。